技術グループ長インタビュー | 【公式】オムロン エキスパートリンクのお仕事検索サイト

エンジニア正社員採用

エンジニア正社員採用TOPへ戻る

技術グループ長
インタビュー

技術グループ長
丹村 俊彦

とにかく働く人に優しい、いい会社という印象を、よく聞きます。
きちんとマネジメントされていて、コンプライアンスが遵守されている会社です。

現在の仕事内容を教えてください。

丹村 技術グループのマネージャーをしています。エンジニアのみなさんを支援するグループです。

オムロン エキスパートリンクは、どのような会社だといわれますか?

丹村 とにかく働く人に優しいいい会社という印象を、よく聞きます。たとえば残業ひとつとっても、オムロン エキスパートリンクでは法律に則った管理が徹底されています。サービス残業は一切ありません。きちんとマネジメントされていて、コンプライアンスが遵守されている会社です。

技術グループでは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?

丹村 大きく2つあって、ひとつはエンジニアをマネジメント、支援するという仕事。もうひとつは、エンジニアを教育、育成するという仕事です。

エンジニアといっても技術で信頼を得て事業を拡大するという営業的な側面があるんです。

オムロン エキスパートリンクのエンジニアに求められることを教えてください。

丹村 エンジニアというと技術やスキルの高さだけに注目すると思われがちなのですが、派遣という業態においては「自分の技術で新たな仕事を増やしていく」ということも重要なんです。
派遣で現場では、その人の技術や人柄がすごくよかったら「またオムロン エキスパートリンクに仕事を頼みたい」という話になりますよね。エンジニアといっても技術で信頼を得て事業を拡大するという営業的な側面があるんです。だからコミュニケーション能力は必要不可欠ですね。

そのようなエンジニアに共通していることはありますか?

丹村 お客様から求められている仕事に対して、100%以上のアウトプットを出していること。そういう人にはたくさん仕事が回ってきます。量だけでなく、「この人に任せれば間違いない」ということで重要な仕事を依頼される。すると、そこにより多くの人財を投入できるということにつながっていくんですね。
派遣に限らずどんな会社でもそうだと思いますが、仕事ってちゃんと仕事をしている人のところに集まってくるんです。

面接時によく質問されることはありますか?

丹村 「転勤って多いですか?」とか、「待機になったらどうなるんですか?」っていうことはよく聞かれます。

転勤は多いのでしょうか?

丹村 この業態の中ではかなり少ないと思います。オムロングループの開発現場は関西エリアに固まっているので、現場が変わっても引っ越さないでいい場合が多いんです。
それともうひとつ、エンジニアの事情を大事にしています。たとえばお子さんが小さかったり、家を買ったばかりだったり。そういった事情があれば絶対に転勤させないというわけではないのですが、個々人の事情にはなるべく配慮するようにしています。

待機になることはあるのですか?

丹村 これも他社に比べたら圧倒的に少ないですね。
待機になったら基本的には本社に出勤してもらって、次の就業先に向けて研修を受けてもらいます。待機中でも給料は変わりませんし、その期間内には次の就業先が決まります。

どのような人に応募してほしいと思いますか?

丹村 エンジニア部門はそんなに規模が大きくないので、自分の考えを発信すると結構拾われるんですよ。だから、「自分の技術で事業を大きくするぞ!」っていうような意気込みがある人にはすごくやりがいがあると思います。
自分たちには何ができて、どんなことをやりたいかっていうのをどんどん提案してきてくれて。チームが動き出してからも、営業と一緒に色んな会社を回って「こんなことができます」という提案をしています。そういうことが楽しい人には、非常に魅力のある会社ではないでしょうか。 反対に、言われたことだけやっていたいという人はちょっと辛い環境かなと思います。

オムロン エキスパートリンクへの就職を考えているエンジニアの方へ、メッセージをお願いします。

丹村 私たちと一緒に、どんどん新たな仕事を増やしていってくれる方を求めています。あなたの技術で、オムロン エキスパートリンクの事業を大きくしてみませんか?

エンジニア派遣・エンジニア正社員にエントリーの方

募集中のお仕事を探す